たぴおかぱんっ

ポンデケージョの原料は、キャッサバ粉。
キャッサバは、タピオカの原料。
ポンデケージョはタピオカパンってことでいいんじゃないの?

で、会社のNEさんに「ポンデケージョはタピオカパンなのではないか」と問うたところ、「ポンデケージョはキャッサバ粉を用いているだけであり、ビーズ状のタピオカを用いてないのでタピオカパンとは異なるのではないか」という意見が。
じゃあ、タピオカを載せて焼いたら?
NEさんに「タピオカがオーブンの熱で乾燥して表面が蓮コラ状態になったらどうする?」と訊かれてちょっと悩む僕。
ここで僕らは、「タピオカパン」を「あんパン」と似たような食物だと解釈してみることにした。
タピオカで作ったパンではなく、タピオカで作った餡をパン生地でくるむのはどうか。
餡をつくってる間にタピオカがてろんてろんになったりしないでしょうか?
それに、焼いてる間の熱の通り具合が気になります。中で乾燥しちゃわないかしら。
では、ゆでたタピオカを冷凍したものをパン生地でくるむのはどうか。
ええと、まずタピオカそのものは味がしません。
あ、それと、パンから七色のタピオカが出てきたらかなり怖いです。

たぴおかぱんっ
想像図

ううむ、難しいぞタピオカパン。

artタピオカパン, 雑コラ

Posted by CINDY