デッサン修正・細部調整

プリカファンに殺されそう~。

紙を表に返して、ラフ線を消し、今度はもう一度主線を引き直します。さっき適当に描いていた理由はコレです。
表情も身体のラインもこの時点でしっかりと決定させます。
描いているのは今回女の子なわけですから、身体のラインは結構生々しく描いてしまいましょう(笑)。なにっ、変態?! 放っておいてくれ(涙)。
何度も裏返すからデッサンの狂いも最小原に留まるはず……なのですが、まだ狂ってますねぇ。骨から描かなくなったからな……。
普段重なって見えないはずの身体のラインも何故か描く。描かないと思わぬところで線がズレてたりするんです、僕。
だから当然、服もまだ描きません。すっぽんぽん~。
ね。結構、面倒クサイことしてるでしょう? 僕も時々そう思います。